ちー兄のホンマでっか!?blog

日常を楽しく過ごしたい男性のための雑記ブログ

一人カラオケ初めてでも楽しめる!恥ずかしさと不安を解消する対策方法を紹介

一人カラオケ対策

 

「一人カラオケしてみたいけど、店員や周囲の反応が気になって恥ずかしい。」

「一人でカラオケに行って楽しめるのか不安...。」

 

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

 

こんにちは!ちー兄(@tinidesigne) です。

 

突然ですが、カラオケは好きですか?

 

私は中学生のときに友人とはじめてカラオケに行ったことがきっかけで、現在では趣味の一つとして約10年ほど行っています。

(ちなみに今日も行きます笑)

 

カラオケのことが好きになると、誰でも一人で楽しんでみたいという願望が生まれます。

 

その理由はストレス発散だったり、上手くなりたいからと人それぞれでしょう。

 

しかし、

一人カラオケってなかなかハードルが高い...。

 

一人で行ってみたい気持ちはあるけど、一歩を踏み出す勇気が必要ですよね。

筆者である私も初めての一人カラオケはとても緊張しました。

 

ですが、安心してください!

 

10年以上カラオケに通い続けている私が、あなたの抱える一人カラオケの悩みをまとめて解消します!

 

当記事を読んでいただければ、以下のことが解消できます。

 

  • 一人でカラオケに行く気持ちが楽になる

  • 一人でカラオケを充実して楽しむことができる

  • 一人で楽しむ趣味を我慢する必要がなくなる

 

それでは順番に一人カラオケ(ヒトカラ)の対策方法についてご説明させていただきます。

 

行く前に練習しておきたいあなたにオススメな商品はこちら!↓ 

 【ヒトカラ】精神的なハードルを下げる

一人カラオケ対策方法1

まずはカラオケ店に行く前に精神的なハードルを下げておきましょう。

 

一人カラオケが初めての方は、

「店員さんや周囲の人に変な風に見られるんじゃないだろうか」

というネガティブなイメージを持って勝手にハードルを上げてしまいがちです。

 

私も初めて1人でカラオケに行った時は同じような気持ちでした。

 

そんな時は、カラオケに行く目的をはっきりとさせておくと良いでしょう。

 

例えば、

歌手にも負けないくらい歌を上手くなって友人に自慢するためだったり、単純に上手くなりたいなど、なんでも大丈夫です。

 

目的を決めておくと、自然と一人カラオケに行く理由ができるので余計な心配がなくなってリラックスできます。

【ヒトカラ】カラオケ入店時の対策方法 

一人カラオケ対策方法2

精神的なハードルを下げることができたとしても、いざカラオケ店に着いたら緊張しますよね。

 

そこで、一人カラオケで入店する時の対策方法をまとめてみました!

 

入店さえできれば後は部屋で楽しむだけなので、ぜひ参考にしてください♫

店舗選び

一人カラオケは店舗選びがとても重要です。

 

なぜなら、店舗をしっかり選んでおかないと受付が面倒だったり、部屋やトイレが衛生的に汚いなど予想外な結果になる場合があるからです。

 

店舗を探す時は以下の2点をおさえておきましょう。

 

  • 大手カラオケ店を選ぶ(ビッグエコー、カラオケ館、ジャンカラなど)

  • スマホ・PCから予約受付ができる店にする。

 

大手のカラオケ店であれば、店員への指導やマナーが行き届いており、清掃もしっかりされているので誰でも安心して楽しむことができます。

 

最近ではスマホのアプリ化も進んでいるため、事前にスマホからカラオケ店に予約をしてすぐに受付を済まして部屋に直行できるので、初めての方にもオススメです!

 

アプリの登録はこちらから↓

ビッグエコー

カラオケ館

ジャンカラ

受付

初めての一人カラオケで一番の難所が受付ではないでしょうか。

しかし、あなたが想像しているよりも簡単に受付を済ますことができます。

 

まず大前提に知っておいてほしいことは、

店員さんは一人カラオケで来る人に慣れているということです。

 

私はビッグエコーでアルバイトとして働いていた経験がありますが、

1日接客をしていると一人カラオケを楽しみにくる人が多くいました。

 

店員側からすると「この人は練習に来たんだ」とか「時間潰すために寄ったのかな」くらいで接客をしているので、一人カラオケをする人に対してなんの偏見もありません。

 

それでも緊張するなら、以下のような対策方法を試してみてください。

 

  • 常連のような雰囲気で堂々とする。

  • メガネやマスクで人目を避ける。

 

後は店員さんから利用人数、利用時間、希望の機種を聞かれるので答えていけばOKです。

(学生なら学生証、社会人なら身分証明書の提示を求められる場合があります。)

 

ここまで済ませたら個室でゆっくり一人カラオケを楽みましょう!

【ヒトカラ】カラオケ部屋内の楽しみ方

一人カラオケ対策方法3

「一人カラオケは部屋に入ったらこっちのもの!」

 

たしかにその通りです。

ですが、一人カラオケを思う存分楽しむには、

一人ならではの楽しみ方があります。

 

より充実して楽しむためのオススメ方法をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

部屋を暗くして人の目線をカット

一人でカラオケを楽しんでいると、どうしても部屋を横切る人の目線や人影が気になってしまいます。

 

そんな時は、部屋の照明を真っ暗にしてみましょう。

 

これによって部屋の向こう側にいる人からは自分の姿が見えないので、人の目を気にする心配はなくなります。

 

それでも気になる方は、

道を通る人に絶対見えない死角を見つけて歌うことをオススメします。

ちょうど良い音量に調整

次は部屋に流れる音量を適性なものに調整していきましょう。

 

あまりに部屋の音がうるさいと近くの部屋にいる人にバレるので、返って集中できなくなります。

 

歌う曲によって音の大きさは変わるので、これくらいが良いという目安はありませんが、カラオケ店の機械はエコー、ミュージック音量、マイク音量と細かい音量調整ができるようになっています。

 

部屋に合った音量を見つけて周囲を気にせず快適に楽しんでください。

店員のドリンク、フード提供について

カラオケ店は、店員さんが部屋までドランクやフード提供する店舗があります。

 

楽しく歌っているのに急に入ってこられるとどこか恥ずかしいですよね。

  

一人カラオケをする時は以下の2点が備わった店舗を選んでください。

 

  • ドリンクバーがついている店

  • フードは自分で取りに行くタイプ

 

フードは最悪店に行く前に食べておけば問題ないですが、ドリンクバーがあるかどうかはヒトカラをするなら大切なポイントです。

 

もし行こうか迷っているカラオケ店に上記2点が備わっているのか不安なら、

友人や知り合いと下見をするか、ネットや電話で確認してください。

【ヒトカラ】カラオケ店内の過ごし方

一人カラオケ対策方法4

一人カラオケの楽しみ方をご紹介したところで、次はカラオケ店内の過ごし方についてご説明させていただきます。

 

友人や知り合いとカラオケに行く時には感じなかった問題について解説していきます。

トイレやドリンクバーは堂々とする

カラオケを長時間楽しんでいると、急にトイレに行きたくなったり、 喉が乾いてドリンクバーに行きたくなったりします。

 

そんな時に団体客や知り合いと出会ったら、なんだか恥ずかしくて気まづい雰囲気になりますよね。

 

ですが、決して臆する必要はありません!

 

友人と一緒に来ている感じを装うのもアリですし、常連感を出して手慣れた動きをしておけば何もおかしくはありません。

 

カラオケ店内を一人でいることは普通のことなので、常に堂々としておけば心配はありませんよ。

【ヒトカラ】お会計の対策方法

一人カラオケ対策方法5

一人カラオケを楽しんで最後にすることはお会計です。

※部屋を出る時には忘れ物がないかチェックしておきましょう!

 

この時も、店内の過ごし方と同じようにサッと済ませてしまえばOKです。

 

前述でもご紹介した大手カラオケ店には、セルフレジを導入している店が多くあります。

 

受付をした時にもらった伝票にあるQRコードをセルフレジにピッとすれば、料金が表示されるので手早くお会計を済ませることができます。

 

もし店員さんとのやり取りが苦手なら、セルフレジがあるカラオケ店を利用してみましょう。

【ヒトカラ】一人カラオケのメリット3選

一人カラオケ対策方法6

この項目では、一人カラオケ好きな私がメリットを3つご紹介させていただきます。

 

なぜ一人カラオケはこんなにも楽しいのでしょうか?

 

その理由はこれからご紹介するメリットに隠されていました!

ぜひご覧ください。

1.順番待ちがない

自分の歌う順番がなかなか回ってこない時に少なからずストレスを感じませんか?

 

一人カラオケなら、選曲するのは自分だけなので好きな曲を好きなだけ歌うことが出来ます。

 

同じ曲を何度も歌えますし、合わなかったら取り消すことも自由!

 

順番を気にしなくていいところは一人カラオケ最大のメリットだと思います。

2.帰りたいときに帰れる

「そろそろ用事があるから帰りたいけど、なんだかみんなに申し訳ない」

 

このように誰かと一緒にカラオケに行くと、気を使って帰りたい時に帰れないことがあります。

 

しかし、自分一人だけなら気兼ねなく好きなタイミングで帰ることができます。

 

逆に利用時間を延長することもできるので、時間の調整がしやすいです。

3.一人の空間は自由

一人だけの空間とはまさにフリーダム(自由)です。

 

部屋で歌うことに疲れたら、

スマホを触ってゴロゴロするのも良し。ゲームを楽しむも良し。

 

曲にマイクエフェクトをかけて「男声」「女声」に変えて歌うこともできます(笑)

 

どんな楽しみ方をしてもあなたの自由です。

 

一人カラオケは自宅の部屋にカラオケがあるような感覚で楽しめるので、最高としか言えません。

まとめ

一人カラオケ対策方法7

いかがだったでしょうか。

 

現在ではIT技術が進化したおかげで、 従業員なしで電子画面から受付が行えるカラオケ店も増えてきました。

 

これからカラオケ店は、一人カラオケを楽しむ人にとって便利な時代になってきますね。

 

自由に歌いたい、一人カラオケを楽しみたいと思ったら我慢する必要はありません。

 

カラオケに行って日頃のストレスを発散させましょう!

 

当記事があなたの一人カラオケをはじめるきっかけになったなら幸いです。